リソースアカウントとの接続方法

概要

リソースアカウントは、主に組織のDevOps/Engineeringチームで使用されています。この記事では、AWSでCloudFormationスタックを作成し、CloudFixをAWS リソースアカウントに接続するために実行すべき手順を概説します。

ソリューション

  1. CloudFixのアカウントにログインします。
  2. 初めてログインする場合や、AWSアカウントを接続していない場合は、そのまま リソースアカウントを接続するステップに進んでください。
  3. 右上の AWS Accounts をクリックしてください。

01-AWSAccount.png

  1. Add New AWS Account(新しいAWSアカウントの追加)をクリックしてください。

02-AddAWSAccount.png

  1. ポップアップで Connect Resource Account (リソースアカウントを接続する)をクリックすると、新しいタブでAWSサイトが表示されます。

03-ConnectResourceAccount.png

注: CloudFixはAWSの認証情報を要求したり、保存したりすることはありません。ただし、同じブラウザの別のタブでAWSアカウントにログインしている必要があります。

  1. AWSサイトでは、CloudFixで作成されるCloudFormationスタックの構成が表示されます。Cloudfixで作成されるこのスタックのURLは、AWSサイトの同ページの Template > Template URL で確認できます。Template URLにあるリンクを開くと、必要なロール、パーミッション、実行されるオペレーションがすべて表示されたJSONが開かれます。アクセス権やロールの詳細については、 CloudFix パーミッションモデル の記事で確認することができます。

CreateStack.png

  1. ページの一番下に、 Create stack (スタックを作成する) ボタンがあります。このボタンがクリックされない限り、プロセスは承認されず、あなたのAWSアカウントはCloudfixアカウントの Resource Accounts (リソースアカウント)タブに表示されません。ボタンがクリックされると、CloudFixの AWS Accounts > Resource Accounts (AWSアカウント>リソースアカウント)ページにAWSアカウントが表示されるようになります。

アカウントが接続されると、そのアカウントに対する Last Scanned Status (​​最終スキャン状況)列は Started(開始)と表示されます。これは、CloudFixがスキャンを開始し、そのAWSアカウントを最適化するためのオポチュニティーを探していることを意味します。スキャンと分析が完了するまでには通常24時間かかり、完了するとそのAWSアカウントに対する Last Scanned Status の列は Completed(完了)と表示されます

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください